スポンサーリンク

レモンの切り方で果汁を33%も多く搾れる 大阪ほんわかテレビ 2019/4/5

レモンを搾る時に、レモンを切って搾ると思いますが、レモンの切り方によって、果汁が33%も違うそうな。

レモン

果汁を33%も多く搾れるレモンの絞り方とは?

大阪ほんわかテレビ 2019年4月5日放送、あの問題を解決!究極進化グッズ&裏技SPにて紹介。



Sponsored Links



レモンを斜め目にカットすると無駄なく果汁を搾れる

一般的なレモンの切り方では、効率的に果汁は搾れません。

効率的に果汁を搾ることのできる進化したレモンの切り方は、斜めにカットすること。

まずレモンを斜めに切ります。

果汁がよく搾れるレモンのカット

次に切り口に対して垂直に切ります。

果汁がよく搾れるレモンのカット

最後にもう半分カットします。

果汁がよく搾れるレモンのカット

この切り方ですと、従来の切り方よりも果汁を1/3ほど多く搾ることができます。

レモンの薄皮が全て切れているので余すことなく果汁が出てくる

レモンの果肉は薄皮に包まれています。この薄皮が実を潰すのを邪魔してしまいます。

進化した切り方ですと、薄皮が全て切れているため、余すことなくレモンの果汁を搾り取ることができます。

まとめ

レモンの薄皮がポイントですね。そりゃ薄皮が切れてないと、果汁は出てこないですよね。

料理などでレモンの果汁を使っている人はお試しあれ。この原理は、レモン以外でもグレープフルーツやみかんなどでも使えますね。

レモンの関連記事】