スポンサーリンク

自分に似合う帽子か似合わない帽子かは顔の長さと目がポイント この差って何ですか? 2019/5/14

帽子選びに失敗して似合わない帽子を被ると、残念な状態に・・・。帽子は似合うものを被りたいですが、どう選んだらよいのかわからない人に朗報!

自分に似合う帽子を選ぶ方法がありました!

帽子

その差って何ですか?2019年5月14日放送、自分に似合う帽子と似合わない帽子の差にて紹介。



Sponsored Links



顔に似合う帽子を決めるポイントは2つ

自分の顔に似合う帽子の選び方を教えてくれたのは、似合う帽子や服の研究を行う日本顔タイプ診断協会の理事長の岡田実子さん。

顔タイプ診断で見つかる本当に似合う服」の著者でもあります。

岡田実子さんによると、顔に似合う帽子を決めるポイントは大きく2つあるとのこと。そのポイントとは以下の通り。

  1. 顔の長さ
  2. 目の印象

このポイントさえ押さえておけば、誰でも似合う帽子は必ず見つかるとのこと。

顔の長さで帽子のつばの長さを決める

人の顔のタイプには、

  • 丸顔
  • 卵型
  • 面長
  • ベース型
  • 面長のベース型

の5つのタイプに分けられます。

この中で、丸顔、ベース型は顔の縦の長さが短いタイプ。卵型、面長、面長のベース型は顔の縦の長さが長いタイプとなります。

顔の縦の長さが短いタイプ

顔の縦の長さが短いタイプの人は、帽子のつばの短いものを選びます。つばの短さと顔の短さのバランスがよく素敵に見えるとのこと。

逆につばが長い帽子を被ると、頭にポンと帽子が載せられている感じがして違和感を感じます。

顔の縦の長さが短いタイプ

顔の縦の長さが短いタイプの人は、帽子のつばが長いものを選びます。

つばの短い帽子を被ると顔の長さが目立ち、顔が大きい印象に。長いつばの帽子を被ると顔の長さが目立たなくなります。

目の印象で被る帽子の印象を決める

人の目の印象は、

  • 柔らかい印象の目
  • キリッとした印象の目

の2つに分けます。

柔らかい印象の目の人は柔らかいイメージの帽子を選ぶ

柔らかい印象の目の人は、帽子のつばの周りが軽くカールしていたり、トップの部分が丸かったり、つばの部分が波うっていたりする柔らかいイメージの帽子が似合うとのこと。

キリッとした印象の目の人はシャープでキリッとしたイメージの帽子を選ぶ

キリッとした印象の目の人は、帽子のつばの部分が真っ直ぐしていたり、トップの部分が真っ直ぐで直線的な部分のあるシャープでキリッとしたイメージの帽子が似合います。

顔に似合う帽子の選び方のまとめ

顔の長さと目の印象を踏まえ、4つのタイプで4種類の帽子を選ぶことができます。

顔が短いタイプで目が優しい印象の人は、帽子のつばが短く、柔らかいイメージの帽子を。

帽子

このタイプの芸能人の例:井上咲楽さん

顔が短いタイプで目がキリッとした印象の人は、帽子のつばが短く、シャープなイメージの帽子を。

帽子

このタイプの芸能人の例:上地雄輔さん

顔が長いタイプで目が優しい印象の人は、帽子のつばが長く、柔らかい感じの帽子を。

帽子

このタイプの芸能人の例:村上知子さん、加藤浩次さん、川田裕美さん。

顔が長いタイプで目がキリッとした印象の人は、帽子のつばが長く、シャープな感じの帽子を。

帽子

このタイプの芸能人の例:鈴木杏樹さん、山村紅葉さん、土田晃之さん

自分に似合う帽子を見つけたい!とお悩みの方、岡田実子さんが提唱する顔と目のタイプで分ける帽子の選び方を参考にしてみては。

帽子に関する関連記事】