クルム伊達公子の戦術は理想的で面白い ウィンブルドン

昨日、クルム伊達公子選手のウィンブルドン2回戦の試合をテレビで観てました。

テニスの理想的な戦術で、試合運びが観ていてなかなか面白い。



Sponsored Links




伊達選手のストロークはどちらかというとハードヒッターでもなく、トップスピン系でもなく、フラットに近い感じ。

相手の球の勢いに合わせてボールをラケットに当て、コントロールしている感じがしました。

球がバウンドしてから早いタイミングでボールを打っているので、球に勢いがつき、早いテンポになるので相手も準備が遅くなりがちです。

そこへうまくオープンコートに左右にボールを振っていくので、相手は走らされ、返すボールが浅くなってしまいます。

そこへアプローチ気味にボールを深く打ってネットへ進み、ボレーでしとめる。

理想的なプレーで惚れ惚れしました。

アプローチでノータッチエースが決まってしまうこともありますが、無理にエースを決めるのではなく、ハードヒットは打たず、あくまで次に返ってきたボールを決める姿勢でアプローチを打っているように思えました。

特に一般プレヤーで非力な人に非常に参考になるストロークです。

こんなテニスができたら試合でも面白いでしょうね。

次のクルム伊達公子選手の3回戦の相手は、WTAランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ。女子プレーヤーの中ではパワフルなパワープレーヤーです。

柔と剛の戦い。楽しみです。

ちなみに昨日の錦織選手の試合は寝てしまって観れなかった・・・不覚・・・。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.