42℃の湯船に浸かると肌に良い ホンマでっか!?TV 2013/7/10

美白評論家の深澤亜希先生によると、42℃の湯船に浸かると肌に良いそうです。

ホンマでっか!?TV 2013年7月10日放送のヤバイ!肌トラブルで紹介されました。

7日間で恋もキレイも手に入る!魔法の美人プログラム [ 深澤亜希 ]



Sponsored Links




夏はシャワーだけですましてしまいがちですが、湯船に浸かるのがオススメとのこと。

深澤亜希先生によると、お風呂は42℃の湯船に浸かるのがポイントで、42℃のお風呂に浸かることで体内からヒートショックプロテイン(HPS)という肌に良いたんぱく質が分泌されるのだそうです。

この分泌するたんぱく質のヒートショックプロテインは、免疫力や美肌能力を向上させ、メラニンの生成を抑制するため、肌のシミやシワを改善する効果が期待できるそうです。

ヒートショックプロテインは体温が上がることによってストレスを感じると、体を防御しようと出てくる物質で、42℃のお風呂に10分間入ることで分泌されるとのことです。

注意点としては、毎日42℃のお風呂に入ると体が熱さに慣れるのでHPSは出にくくなるので、週に2回でOKとのこと。

また、42℃のお風呂は熱いので10分がベストで、高齢者や体調によっては適正温度が変わるそうです。

【深澤亜希先生の書籍】

白ツヤたまご肌のつくりかた [ 深澤亜希 ]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください