四代目氷屋徳次郎の天然氷を使った究極カキ氷 深イイ話 2013/8/5

V6の長野博さんがオススメする究極の夏スイーツ四代目氷屋徳次郎の天然氷 使用の究極カキ氷

1分間の深イイ話2013年8月5日放送(深イイ話×しゃべくり合体スペシャル)、この夏食べたい巷で話題のスイーツSPで紹介されました。



Sponsored Links




このV6の長野博さんがオススメする四代目氷屋徳次郎の天然氷 使用の究極カキ氷、滑らかで超極薄の氷でできたカキ氷です。

硬くて溶けにくい天然氷を使っているので、この天然氷を削った氷はふわふわと薄く、綿菓子のようなカキ氷とのことです。

このふわふわカキ氷に、地元栃木のとちおとめの果肉がたっぷり入った自家製シロップを何層にも重ねてかけたものが、四代目氷屋徳次郎の天然氷を使った究極カキ氷とのことです。

深イイ話の放送で天然氷の作り方を紹介していたのですが、かなり手間隙がかかってます。

硬くて溶けにくい天然氷は-7℃~-8℃の気温で凍らす必要があるそうで、最適温度より高い温度で出来た出来の悪い氷はガンガン捨て、雪が降ったら雪が止むまで雪かきをするというこだわりの製法で四代目氷屋徳次郎の天然氷は作られています。

夏までの保管は冷凍庫を使わず氷室でおが屑の中で保管。ほとんどの氷は溶け、溶けなかった氷をカキ氷に使うのだそうです。

ここまでこだわって作られた天然氷のカキ氷、食べてみたいですねぇ。

四代目氷屋徳次郎の天然氷を使った究極カキ氷は、通常は栃木県のチロリン村でいただけるようですが、夏季限定で東京の恵比寿三越や西部池袋本店でも食べることができるとのことでした。

【日光霧降高原 チロリン村】

栃木県日光市霧降1535-4

【関連記事】


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.