スポンサーリンク

三芳酒種あんぱん 酒種で発酵させた生地のポンパドウルのあんぱん スマステーション 2013/10/12

関越自動車上り線PAのパサール三芳にあるポンパドウル(三芳店)の三芳酒種あんぱん(みよしさかだねあんぱん)。

スマステーション(SmaSTATION!!)2013年10月12日放送、1日500個以上売れる大人気めちゃ売れパン セレクション13で紹介されました。



Sponsored Links



ポンパドウルは、 横浜元町にて1969年に創業した焼きたての美味しさを追求するパン屋。

焼きたての美味しさを追求するため、ポンパドウル(三芳店)もPA内にありながらパン工房を併設しているとのことです。

ポンパドウル(三芳店)の人気めちゃ売れパンが、三芳酒種あんぱん(あんバター)。

三芳酒種あんぱんは、甘さ控えめのつぶあんとバターが、しっとりと柔らかいパンに入ったあんぱんで、1日に698個も売り上げるのだそうです。

この三芳酒種あんぱんの生地を日本酒の天然酵母の酒種を使って発酵させているため、フルーティーな香りのしっとりとした柔らかい生地に仕上がるとのこと。

また、焼き上げにも工夫があり、生地をオーブンで焼く際にリングに入れて焼くことで、横からの熱を遮断して上部だけをこんがりと焼き、残りの部分をしっとりと柔らく焼き上げることができるのだそうです。

つぶあんを生地に包んで焼き、膨らんでできた空洞にバターを詰め込み出来上がり。

しっとりふわふわのパンに甘さ控えめのあんとバターが詰まった絶品あんぱんなのだそうです。

【ポンパドウル(三芳店)】

埼玉県入間郡三芳町大字上富2204 三芳パーキングエリア上り Pasar三芳

つぶあんとバターがコラボしたあんぱん、美味しそう。また酒種で発酵させたパンもだんなものか気になるところです。

【関連記事】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする