スポンサーリンク

炭酸ジュースを頬に当て声を出すと炭酸が噴出さない ひつじオオカミ 2013/11/10

コーラなどの炭酸ジュースを振ってしまったり、落としたりした場合、蓋を開けるとジュースが噴出してしまいます。

そんな時の解消方法が、ひつじオオカミ 2013年11月10日放送で紹介されました。



Sponsored Links




炭酸ジュースが噴出しそうな危険性がある場合、ジュースの容器を頬に当て、

「アーーーーーーー」

などと一定時間声を出すと、噴出しそうな炭酸ジュースを抑えることができるとのことです。

炭酸ジュースが噴出すのは、炭酸ジュースを振ると中に泡がたまった状態にあり、蓋を開けると周りの泡と合体して粒が大きくなり、液体を巻き込みながら噴出するという仕組みで起こるそうです。

声を出すなどして弱い振動を容器に与えると、炭酸ガスは液体に溶け込むのだそうです。

すると泡の数が減り、炭酸ジュースは吹き出さないのだそうです。

思わずペットボトルを落としてしまったり、間違って振ってしまった場合に、どーしようか悩むときがありますが・・・ちょっと試してみようと思います。

でも、周りに知らない人がいたら出来ないかな。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする