スポンサーリンク

簡単に調理できるパラパラ炒飯の料理法 ひつじオオカミ 2013/11/10

チャーハン作るなら、プロが調理するようなパラパラチャーハンが理想です。

ひつじオオカミ 2013/11/10でパラパラのチャーハンを作る技を紹介してました。



Sponsored Links



誰でも簡単に作れるパラパラチャーハンの料理法

パラパラのチャーハンを作るのは、米をコーティングして米と米をくっつかないように炒めるのが最大のポイントです。

簡単に調理できるパラパラチャーハンの料理法は、2つの技が紹介されました。

  • サラダ油の代わりにマヨネーズで炒める
  • ゼラチンを混ぜてご飯を炊く

サラダ油の代わりにマヨネーズでご飯を炒めるとパラパラ炒飯になる

油と水は混ざりにくいのが普通ですが、マヨネーズの油は卵黄などの働きなどにより、水と混じりあい乳化した状態であるそうです。

なので、マヨネーズの油は水分の多い米と馴染みやすく、結果、油が米をコーティングするのでパラパラのチャーハンとなるそうです。

ゼラチンを混ぜて炊いたご飯を使うとパラパラ炒飯になる

お米を炊くと米のでんぷんが水に溶け出して糊状となり、米の表面が粘るためべチャべチャになりやすいのだそうです。

ゼラチンを入れて米を炊くと、ゼラチンが米のでんぷんを閉じ込めるので、炒めたときにパラパラになるとのことです。

ちなみに、冷やご飯にサラダ油をかけてかき混ぜて米に油を絡めて炒めても、パラパラにはならないそうです。

油は常温の場合は粘り気が強いので米全体に絡めることが難しいそうで、激しく混ぜると米がくっつき合うため、炒めるとべちゃべちゃなチャーハンとなるとのことです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする