寺門ジモン、石塚英彦、彦摩呂、榊原郁恵 オススメの究極の焼肉 深イイ話 2014/1/6

1分間の深イイ話 2014年1月6日放送は、グルメリポーター街歩きの達人がオススメする究極のグルメを紹介。

まずは、究極の焼肉が紹介されました。



Sponsored Links



1分間の深イイ話で紹介された究極の焼肉

1分間の深イイ話で究極の焼肉を教えてくれたのは、寺門ジモンさん、石塚英彦さん、彦摩呂さん、榊原郁恵さんの4人。

寺門ジモン オススメの究極焼肉、スタミナ苑の特上ハラミ&上タン

スタミナ苑は東京都足立区にある焼肉屋。

肉には、ネギやゴマなどの7種類の材料から作られたタレで味付けしたものを提供し、焼き立てをタレをつけずにいただけるとのこと。

スタミナ苑の特上ハラミは、黒毛和牛メス牛を使用。肉の旨味が口いっぱいに広がる絶品焼肉。

上タンは噛んだ瞬間にジューシーな肉汁に感動する甘味と柔らかさが最高レベルのタン。

【スタミナ苑】

東京都足立区鹿浜3-13-4

石塚英彦がオススメする究極の焼肉、前島食堂の鶏焼肉

前島食堂は三重県松坂市にあるお店。松坂牛の産地の松坂市にありながら、鶏焼肉の専門店。

メニューは若鶏、メス、きもの3種類だけで、一人前各450円。

甘辛い秘伝の味噌ダレが前島食堂の人気の秘密で、味噌ダレをよく絡めて網で焼き、特に柔らかくて食べやすい若鶏が一番人気とのこと。

石塚英彦さんによると、ご飯と一緒に食べるのがオススメだそうです。

【前島食堂】

三重県松阪市大河内町612-1

彦麿呂がオススメする究極の焼肉、綾野小路

焼肉綾野小路は、東京の六本木にある焼肉屋。

肉は銀座の老舗精肉店から、脂身に独特の甘味がある黒毛和牛のめす牛を仕入れて使用。

彦麿呂さんの一番のオススメは、席に着いて一番初めにドリンクと一緒に出されるサービス品、サーロインの炙り寿司。肉にタレをつけてバーナーで軽く炙り、ご飯を包んだ焼肉寿司。

また、めす牛の肉汁の旨味を堪能するなら、サーロインの極み焼きがオススメなのだとか。

【焼肉綾野小路】

東京都港区六本木7-4-8 TKGビル1F

榊原郁恵のオススメの究極の焼肉、焼肉芝浦

焼肉芝浦は東京都世田谷区にある焼肉屋さん。

店に入ると厨房になっており、厨房を通って席に着くというちょっと変わったお店の造り。

榊原郁恵さんのオススメのメニューは、シメの定番として不動の人気という、わさび醤油で食べる芝浦ごはん。

芝浦ごはんとは、ごはんの上に韓国海苔、青ジソ、軽く炙ったロースをたっぷり乗せ、更にこの上に新鮮なウニ、イクラを乗せる究極の焼肉丼とのこと。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.