手袋で接触感染を防ぐことが可能 深イイ話 2014/1/20

冬に怖いのがインフルエンザウィルス感染。手袋を装着するだけでウィルス感染を予防できるとのことです。

1分間の深イイ話 2014年1月20日放送で紹介してました。



Sponsored Links



ウィルスの感染は、手からの感染が多いそうです。

ということで、手に手袋をすることでウィルス感染を防ぐことが可能なのだそうです。

ウィルスが着いた手で鼻や口を触ることによりウィルス感染は起こりやすいそうで、手袋をしていると手に意識向きやすいため無意識に顔を触ることがなくなるそうです。

この結果、ウィルス感染のリスクが減ります。

ウィルスを気にして手をめに洗うと手が荒れるので、これは良い方法ですね。

もちろん、使用後の手袋はしっかりと洗うことが必要。

まめに洗うことを考えると、毛糸や革製の手袋はやめておき、布製が良いそうです。

最近はいろんなものがあって便利ですが、抗ウィルス加工された手袋まで販売されているようです。

完璧にウィルスを防御したい人は、このウィルス対策用手袋を使うと良いかもしれません。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.