メールにより子供の本音を聞ける効果がある ホンマでっか!?TV 2014/1/29

デジタル教育評論家の赤堀侃司先生によると、親子間のメールのやりとりによって、子供の登校拒否が解消されたケースがあるそうです。



Sponsored Links



この登校拒否解消のケースは、ホンマでっか!?TV2014年1月29日放送で紹介されました。

引きこもり、登校拒否の子供に対して、とある市がメールで直せないかと言う事で、親に初めてメールを出したところ、結果、11名中10名が学校に行くようになったのだそうです。

登校拒否の子供の家庭では、親子間の会話ができてなかったんですね。

メールにより子供の本音がわかるようになり、親子で会話ができるようになって、登校拒否が直ったとのことです。

子供が自分の気持ちをメールによって伝えることが登校拒否解消の大きな要因だったようです。

子供が反抗期で、子供が何を考えているかわからない!って時は、子供にメールを出すのも一つの手かもしれません。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.