スポンサーリンク

マツコ&有吉の怒り新党 新3大で紹介の気軽に飲めないコーヒーの喫茶店 2014/5/1

気軽には飲めないコーヒー。

マツコ&有吉の怒り新党 2014年5月1日放送の新3大〇〇で紹介されました。



Sponsored Links



気軽に飲めないコーヒーのある3つの喫茶店

紹介された喫茶店のコーヒーは、本当に気軽に飲めないコーヒーでした。話のネタにはなりそうです。

紹介の喫茶店は以下の通りでした。

  • 王田珈琲専門店(おおたコーヒー専門店)
  • ザ・ミュンヒ
  • 伴天連(バテレン)

王田珈琲専門店のブレンドデミタス

王田珈琲専門店(おおたコーヒ専門店)のブレンドデミタスは、豆85グラムから抽出してつくる超濃厚コーヒー。通常のコーヒーが豆10グラムで1杯のコーヒーが出来るので、普通のコーヒーの8倍!

コーヒーの粉をネル袋に入れて、ゆっくりとお湯で蒸らしながら抽出作業を行うのですが、コーヒー1滴が出るのに注文してから約8分、完成するのに20分待ち。その間、マスターはコーヒーの抽出作業に神経を集中し、失敗したら作り直すのだとか・・・

確かに気軽に飲めません。

温度は人肌以下の温度。アツアツがコーヒーの適温ではないそうです。

このコーヒー、飲み初めと、中ごろ、飲み終わりにかけて、徐々に味が変化するので、この味の変化を楽しみながら飲むのがオススメだそうです。

【王田(おおた)珈琲専門店】

京都府京都市中京区御幸町夷川上ル松本町575-2

ザ・ミュンヒの熟成樽仕込み氷温コーヒー

ザ・ミュンヒは大阪の八尾市にあるコーヒー専門店。なんと、1杯75,000円のコーヒー、熟成樽仕込み氷温コーヒーが飲めます。確かに、気軽に飲めないですね・・・

1杯に豆300gを使った濃厚なオリジナルブレンドコーヒー(スパルタン)を19年間樽の中で熟成させたコーヒーで、熟成前のスパルタンはすごく苦いものの、19年間熟成させることで超甘いコーヒーに変化するのだそうです。

やまとナゼ?しこでも紹介されました。

一杯7万5千円の高級コーヒー 熟成樽仕込み氷温コーヒー19年物 やまとナゼ?しこ

75,000円は高くて飲めないという方のためにお試しコースがあり、スプーン1杯1,500円で飲めるので、こちらを試してみては。

ザ・ミュンヒでは、超高価な食器やバイクが置かれています。これらを見るのも楽しそうです。

【ザ・ミュンヒ】

大阪府八尾市刑部2-386

伴天連のコーヒー

広島にある喫茶店、伴天連(バテレン)は、不気味なオブジェが置かれた喫茶店。

お店の中がお化け屋敷っぽい感じがして、確かに気軽には飲めない・・・

出てくるコーヒーがインスタントコーヒーで、こちらも驚き!

【伴天連(バテレン)】

広島県東広島市下三永

たまには気軽に飲めないコーヒーもいいかも。

【関連記事】