部屋の照明が明るすぎると揉め事が起こりやすい ホンマでっか!?TV 2014/7/2

部屋の照明が明るすぎると揉め事が起こりやすく、夫婦喧嘩も多いとのこと。

窓

ホンマでっか!?TV 2014年7月2日放送で紹介されました。



Sponsored Links



部屋の照明が明るいと揉め事が起きやすいとは意外な感じでした。

心理評論家の植木理恵先生によると、明るい部屋で読んだ本の主人公は攻撃的だと感じるそうです。また、夫婦喧嘩の多い家庭を調査したところ、たいてい照明が明るいそうです。

また、脳科学評論家の澤口俊之先生によると、光を処理する脳領域は音も処理しているそうで、部屋が明るすぎると普通の会話でもキンキン聞こえて、攻撃的に感じるのだそうです。

夫婦喧嘩の絶えない家庭は、照明を薄暗くした方が良さそうでね!

また、家族会議などで大切な決め事をする場合には、明るい部屋は避けて落ち着いた灯りの部屋で行うのが良いとのことでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.