子供とは短時間でもいいのでスキンシップをしっかり取ることが大事 教訓のススメ 2014/8/29

子供とは、だらだらと長い時間一緒にいるより、短時間でもしっかりスキンシップを取るほうが大事とのこと。

子供

教訓のススメ 2014年8月29日放送で紹介されました。



Sponsored Links



教訓のススメ 2014年8月29日放送では、子供に良かれとしていることが実は子供に嫌われているのではないか200人の子供たちに調査した結果を発表。

その中で、幼児から小学校6年生を対象に、「仕事が忙しくてたまにしか遊べない親」は好きか嫌いかというアンケート調査結果が紹介されました。

アンケート結果によると、嫌いは24%で嫌いではないが76%。小さな子供でも親や家庭の事情は理解していて、しっかりしているようです。

文教大学教授小児心理医の成田奈緒子先生によると、子供とだらだらと長時間一緒にいるより、短時間でもよいのでしっかりとスキンシップを取ることの方が大事なのだそうです。

ゲームなど触れ合うことのない遊びではなく、子供と触れ合うことが重要。触れ合うことで子供は親の愛情を感じ取るそうです。

成田奈緒子先生によると1週間に3秒のスキンシップでもOKとのこと。

3秒はちょっと短いような気がするので、なるべく子供と一緒にいるときはスキンシップした方がいいでしょうね。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.