運動会の学校行事で親が目立つ行動をしても意外と子供は嫌いにならないらしい 教訓のススメ 2014/8/29

運動会などの行事で目立つ親。思春期の子供は嫌がるかと思いきや、意外や意外、それほど子供からは嫌われないようです。

運動会

教訓のススメ 2014年8月29日放送で紹介されました。



Sponsored Links



教訓のススメ 2014年8月29日放送で、子供に良かれとしていることが実は子供に嫌われているのではないか200人の子供たちに調査。

その中で、中学校1年生から成人までを対象に、「運動会などの行事で目立つ行動をする親」は好きか嫌いかというアンケート調査結果が紹介されました。

思春期の子供たちですから、親が目立った行動をすると嫌がると思っていたんですが、意外な結果。

嫌いは43%で嫌いにならないは57%。

嫌いにならないの方が、わずかですが上回るとは。

文教大学教授小児心理医の成田奈緒子先生によると、思春期の子供たちは、他の子供と一緒とか目立たないというのが気になる年頃で、親が奇抜な姿とか大声を出すといった行為は恥ずかしがるのが普通だそうですが、今の時代は少し変わってきているようです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.