アンガーマネジメントで怒りをコントロール ストライクTV 2012/10/9

ストライクTV 2012年10月9日の放送は、意外とキレやすい芸能人SP。

怒りをコントロールする方法として70年代からアメリカで研究されていると言うアンガーマネジメントが紹介されてました。



Sponsored Links



アンガーマネジメントはストレスを解消しきれない大きな怒りを抱えた場合に有効な方法とのこと。日本アンガーマネジメント協会の代表理事である安藤俊介氏曰く、怒りはコツを掴めば簡単に制御できるそうです。

特に怒りをコントロールする有効な方法として、以下の3つのアンガーマネジメントが紹介さました。

  1. ボールペン分解法
  2. ヤケ食いはしない
  3. お金を想像する想像法

ボールペン分解法

ボールペン分解法とは、ボールペンをよく観察して分解するだけの方法。ある物に意識を集中することで、怒りを瞬間的に鎮めたり忘れたりできるそうです。

ヤケ食いはしない

ストレス発散にヤケ食いをする人がいますが、ヤケ食いではストレス発散できないそうです。逆に食べていくたびに怒りが増幅し、怒りがどんどん大きくなるのだそうです。

お金を想像する想像法

お金を想像する想像法は血の気の荒いアスリート達が多数いるNFLでも採用されている方法。本来の目的であるビッグマネーを掴むことを思い出させ、冷静になるのだそうです。

お金はイメージしやすく、自分の目的をイメージするのに一番分かりやすいのだとか。

会社で働いている人も、お金を想像することで、怒りを覚えても怒りを鎮めることができるのだそうです。

アンガーマネジメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください