火山噴火に備える防災グッズは地震防災グッズに防毒マスクをプラスする 教訓のススメ 2014/12/5

富士山噴火に備えておきたい防災グッズは、通常の地震対策グッズに防毒マスクをプラスしておくと良いそうです。

富士山

教訓のススメ 2014年12月15日放送で紹介されました。



Sponsored Links



防災危機管理のエキスパートの渡辺実さんがオススメする富士山噴火用防災グッズ

富士山噴火対策の防災グッズは、防災危機管理のエキスパートという渡辺実さんが教えてくれました。

火山灰対策マスク

富士山噴火に対しては、火山灰の目の細かい粉塵を防ぐとともに、有毒ガスの二酸化硫黄にも対応した防毒マスクがオススメとのこと。

イザという時に便利なホイッスルバックル付きヘルメット

今、防災業界で注目されているというホイッスルバックル付きヘルメット。ヘルメットのあご紐の留め具部分がホイッスルになっており、災害時に自分の居場所を知らせることができます。

ヘルメットとホイッスルが別々になっていないので、イザというときに緊急事態にホイッスル忘れた!ってことが防げます。

NASAが開発したサバイバルフーズ

サバイバルフーズはNASAが開発したという非常食。最大25年間も保存ができるとのこと。

簡易トイレとしても使える非常時おたすけ箱

非常時おたすけ箱は、箱の中に3日分の食料と飲料が入っており、5年間保存が可能。箱は簡易トイレとして使えるとのこと。

災害時に意外と便利なラップ

ラップで携帯電話などの電子機器を包むと、火山灰の進入を防ぐことができて便利なのだとか。

火山灰は粒子が細かいため、電子機器に入り込むとすぐにダメになるそうです。

ラップでお皿などの食器をを包んで使うと、水で食器を洗う必要がなくなって便利というのもありますね。

いつ来るかはわからない富士山の噴火ですが、そのときに備えて、防災対策は万全にしておきたいところです。

【関連記事】

富士山の噴火 教訓のススメ 2014/12/5

災害では楽観的な性格の人の方が助かる可能性大 ホンマでっか!?TV 2014/9/7

本当に溺れている人は溺れているように見えない! ホンマでっか!?TV 2014/7/16

意外とうっかりやってしまいそうな加湿器の危険な置き場所 2014/1/20

若者の間で電気ストーブの事故件数が増加! 深イイ話 2014/1/20


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.