スイカ農家が教える美味しいスイカの見分け方 ジョブチューン 2015/6/13

スイカ農家が教えてくれた美味しいスイカの見分け方。

ジョブチューン 2015年6月13日放送、超一流農家&漁師、旬の食材ぶっちゃげランキングの回で紹介されました。



Sponsored Links



美味しいスイカの見分け方を教えてくれたのは、スイカ農家、松本高雅さん。

一般的な大玉のスイカの場合、スイカのお尻の白い部分が、1円玉より少し小さいくらいの1.5~2センチの大きさが美味しいスイカ。

この白い部分が大きすぎると筋張った食感のスイカで、小さすぎるとシャリ感がなくなるとのこと。

また、スイカの皮に日光が当たらないと白っぽくなり、その部分は糖度が低下しているのだとか。表皮に色むらがないスイカを選ぶと甘くて美味しいそうです。

美味しいスイカを見分けるのに、スイカを叩くと良いということは昔から言われてますが、 これはホントとのこと。

音は響いた方が良く、音が高いと若いスイカということで、低い音の方が良いスイカなのだそうです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.