キャンプのプロが実践、炊飯器無しでご飯を炊くプロ技 この差って何ですか? 2015/12/6

炊飯器が無いときに覚えておくと便利な炊飯器無しでご飯を炊く方法。

ご飯

この差って何ですか? 2015年12月6日放送で紹介。



Sponsored Links



炊飯器の代わりにはんごうでご飯を炊こうにも素人には難しいものがありますよね。

炊飯器もはんごうも使わずに簡単にご飯を炊ける方法を教えてくれたのは、キャンプのプロ、キャンプ協会副理事長の伊藤光太郎さん。

ご飯を炊くのに使う道具は、食品保存用の密封袋。

この食品保存用の密封袋にお米を入れ、一合当たり200ccの水を加え、袋の中に空気を少し残してしっかりと密封し、この袋を沸騰したお湯に入れて20分間加熱するだけ。

ほっかほかのご飯が出来上がります。

コツは袋の中に空気を少し残すこと。空気があることで袋の中でお米が踊りふっくらと炊けます。空気がないと米が動かないのでくっついて硬いご飯になるそうです。

この袋に具材や調味料を加えて炊くと炊き込みご飯も簡単に炊け、カレーのルーを加えるとカレーライスも出来るとのこと。

ちなみに鍋のお湯に使う水は川の水や海の水でもOK。なのでキャンプや災害時に使えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です