飲むと老けるスムージーの間違った作り方とは? 林先生の初耳学 2016/2/28

朝の健康ドリンクとして人気のスムージー。でも間違った作り方でスムージーを作ると逆に老けることもあるとのこと。

林先生の初耳学 2016年2月28日放送にて紹介。



Sponsored Links



間違った作り方で作ったスムージーを毎朝飲んでいると、シミができたり、肌のコラーゲンや弾力を保つ繊維を障害し、肌が老化してしまうのだとか。

朝のスムージーとして使ってはいけない食材があり、その食材はセロリやパセリ。

セロリにはビタミンや食物繊維が豊富で美容効果、スタイルの維持の効果があり、パセリにはビタミンと鉄分が豊富で貧血の改善などに効果があるとのこと。

ただしセロリやパセリなどのせり科の野菜には「ソラレン」という光毒性の強い物質が多く含まれており、この物質が老化の原因に。この「ソラレン」は、肌が光に当たると紫外線が過敏に反応し、ダメージを与えてしまうもの。

なので、朝にスムージーとして摂取してしまうと、通勤や通学時の日光の紫外線によって肌の老化を招いてしまうのだそうです。

「ソラレン」はせり科の他に、オレンジなどの柑橘類にも多く含まれているので要注意。「ソラレン」を多く含む野菜を使うスムージーを飲む際には、夜に飲むのが良さそうです。

また氷を入れる冷やした状態のスムージーも注意が必要。冷たいスムージーを朝に飲むと体が冷やされ、腸内環境が悪化し、便秘や肌の老化の原因になるのだとか。

朝のスムージーでオススメなのはりんごとチンゲン菜、クレソン、生姜のスムージー。りんごはソラレンを含まず、美容、抗酸化作用の効果、チンゲン菜にはビタミンCやカリウムが豊富で美肌・動脈硬化の予防の効果、クレソンは栄養密度ランキング1位のスーパー野菜で、生姜は体の代謝を上げ冷え性改善の効果が期待できるとのこと。

このスムージーの作り方は、りんご100g、チンゲン菜15g、クレソン2g、生姜0.5gの割合で。

ちなみに朝食べると良い食材は豚肉。豚肉には良質なタンパク質を豊富に含み、朝食べるとタンパク質が肝臓を刺激し、代謝がアップ。肥満予防に。豚肉にはビタミンB1も豊富で、ビタミンB1は糖分を効率よくエネルギーに変える物質で、脳が活性化する効果が期待できるとのこと。

朝に豚肉って考えたことなかったですけど、脳が活性化して肥満予防が期待できるなんて素晴らしい食材なんですね。美味しいしね。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.