スポンサーリンク

良い睡眠とは朝起きたときに感動を覚える眠りのこと!その方法とは? 雨上がりのAさんの話 2016/2/9

日本一の眠りバカ!という井鍋安弘さんによると、良い睡眠とは、朝、言葉に出来ないほどの感動を覚える眠りのことだそうです。

睡眠

雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きました!の2016年2月9日放送で紹介。



Sponsored Links



井鍋安弘さん直伝の感動を覚える睡眠の方法は次の通り。

  1. ベッドに寝そべり、両腕を軽く伸ばし、体の側面に軽く添える。
  2. 天井の1点を見つめ、ゆっくりと深い呼吸を続ける。1点を見つめるとき天井に目印があるとベスト。
  3. 目を閉じ、頭の中で、自分が空から美しい階段を降りてくるイメージをする。イメージの中で、階段の下にベッドに横たわっているイメージを持つ。
  4. 心の中で「だんだん眠くなってきている」と呟く。
  5. 「3つ数えたら完全にリラックスして目が覚め、眠る準備が本当に整う」と語りかけるように声に出す。
  6. 3つ数えて一度起き上がり、再びベッドに入って目を閉じる。

これは自己催眠睡眠法。催眠は神経の眠りで、睡眠とよく似ているので、1週間ほど続けるとコツがわかって効果が現れてくるそうです。

これまで数十人ほど試して、そのほとんどの人が成功したそうです。

実際自分で試してみようと思いましたが、いつの間にか眠っていることが多いので、1週間続けることができませんでした。いつも眠たいので。

興味のある方はお試しください。