温湿布と冷湿布どっちを使えばいいのか?その違いとは? この差って何ですか? 2016/3/20

捻挫や腰痛など・・・温湿布と冷湿布、どっちを使えばいいのか迷っちゃいますね。温湿布と冷湿布にどんな違いがあるのでしょうか?

この差って何ですか?2016年3月20日放送で、温湿布と冷湿布のその違いを紹介。



Sponsored Links



両国きたむら整形外科院長の北村大也先生によると、温湿布と冷湿布はどちらも痛み止めの効果に差はないとのこと。

ン?意外!?

実は温湿布も冷湿布も温度に変化はないのだとか。皮膚の温度を変えるわけではなく、温湿布は温かく感じているだけで、冷湿布は冷たく感じているだけとのこと。

温湿布には唐辛子成分などが含まれていて温かく感じ、冷湿布はメントールなどが温湿布よりも多く配合されているので冷たく感じるのだとか。

使う人が好みに合わせて使えるように、温かく感じる湿布と冷たく感じる湿布の2種類のバリエーションをつけたのだそうです。

痛みを和らげる効果は温湿布も冷湿布も差はないので、使って気持ちが良い方を使って問題ないそうです。

温湿布と冷湿布、どっちを使えばいいのか・・・、いやー長年の悩みが解決しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください