玉ねぎを切るときに最も効果的な目にしみない方法とは? この差って何ですか? 2016/3/20

玉ねぎを切るときに目がしみて涙を流しながら切っている人も多いと思います。玉ねぎを切るときに目がしみない方法は色々とありますが、最も効果的な目がしみない方法とは何でしょうか?

この差って何ですか?2016年3月20日放送で、その玉ねぎを切るときに最も効果的な方法が検証されました。



Sponsored Links



玉ねぎが目にしみない方法として紹介されたのは4つの方法。

  1. 割り箸をくわえる
  2. 包丁を水で濡らす
  3. 鼻の穴にティッシュを詰める
  4. 冷蔵庫で玉ねぎを冷やしておく(約5分)

玉ねぎを切り始めてから涙が出るまでの時間を計測して、涙が出るまでに最も長くかかった方法を最も効果が高い方法とします。

結果上記の中で最も効果のあった方法は・・・

玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておくでした!冷やした玉ねぎを切るとまったく目にしみず、涙が出ないと絶大な効果でした。

実は目がしみるのは玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分。包丁で玉ねぎを切ると硫化アリルが気化して目を刺激し、涙が出てくるという仕組み。

冷やすと硫化アリルが気化しにくいので目を刺激せず涙が出てこないのだそうです。

ちなみに他の方法では、2位は鼻の孔にティッシュで2分1秒、3位は包丁を水で濡らすで1分49秒、口で割り箸をくわえるは1分11秒で最下位でした。(時間は3人の平均値)

それにしても口で割り箸をくわえると涙が出ないって、どこから出た情報なんでしょうか?でも普通に玉ねぎを切ると57秒で涙が出てましたから、それなりに効果はあったということなんでしょうか?



有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。
素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.