百発百中で景品をゲットできるクレーンゲームの達人が教えるクレーンゲームのテクニック 大阪ほんわかテレビ 2016/6/17

ゲームセンターで人気のクレーンゲーム。できれば欲しい景品を少ない回数でゲットしたいもんです。世の中にはいろんな分野で活躍する達人がいますが、クレーンゲームの世界でも達人が存在しました。

UFOキャッチャークレーンゲームマシン + チュッパチャップス 45個

大阪ほんわかテレビ 2016年6月17日放送 達人が教える超お得テクニックでクレーンゲームのテクニックを紹介。



Sponsored Links



百発百中で景品をゲットするクレーンゲームの達人は何者?その驚きの超テクニックとは?

クレーンゲームの達人として紹介されたのは、埼玉県でクレーンゲーム専門店を経営するオーナー中村秀夫さん。このクレーンゲーム専門店は「エブリデイ行田店」で360台のクレーンゲームを有し、その台数がギネスブックに認定されるという有名店。

クレーンゲームを愛するあまり、どんな景品でも百発百中でゲットできる数々の必殺技を持っているという。

その達人テクニックは以下の通り。

  • 月面宙返りムーンサルト
  • 針穴通し
  • バウンドアプローチ
  • 雪崩
  • 差し込み

達人技1 月面宙返りムーンサルト

「月面宙返りムーンサルト」とはウルトラCの体操の技のように、景品の頭の重さを利用して一回転させて落とす技。景品の形状、重さ、置いてある位置を考えて使います。

達人技2 針穴通し

「針穴通し」とは、景品のタグの輪っかに爪を引っ掛けて景品をゲットする針の穴を通すような繊細なテクニック。

達人技3 バウンドアプローチ

「バウンドアプローチ」とは、頭が重そうな景品をゲットするのに用いるテクニック。景品の重心の軽い方をいったん持ち上げ、あえて落として弾ませて落とします。

達人技4 雪崩

「雪崩」はたくさん積まれている景品に使えるテクニック。落とす穴に近い場所を崩し、雪崩のごとく一気に景品をゲットします。

達人技5 差し込み

スペシャル上級クラスのクレーンゲームテクニックの奥義が「差し込み」。フィギュアなどの箱物に使える上級テクニック。

人気の高いフィギュアは箱に入っていることが多いですが、箱は平面でツルツル滑ってなかなか取るのは難しいですよね。「差し込み」が出来ると、箱物をゲットするのも夢ではないかも。

この「差し込み」は箱のフタの隙間に入れる技。1ミリ狂うと入りません。

クレーンゲーム

上のような箱の蓋にできる隙間ですね。

この隙間に爪を入れるコツはアームの肘の部分を目印にすること。肘の部分が爪が最大に開く場所になっており、閉じた時の肘の部分の真下がアームの爪の位置となります。なのでクレーンを動かすときに肘を、爪を突っ込む隙間の真上に持って行きます。

しかし爪が少し曲がっているため、真上よりも少しだけ内側に止めることがポイント。

クレーンゲーム

上のように少し爪がずれているので、下の箱のポイントに爪が当たるように

クレーンゲーム

このままクレーンを下に降ろせば、うまく爪が景品の隙間に入って引っかかってくれます。

この「差し込み」を習得すると、爪2つに箱2個が引っかけることができたり、運がよければ3箱取れるような脅威の3個取りもできるかも。

クレーンゲームの技は色々ありますが、後は実戦で練習するのみ。あの欲しかった希少性の高い景品ゲットを目指して頑張りましょう!


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.