ミツカン社員がオススメする味ぽんを使い切る使用方法 この差って何ですか? 2016/5/1

味ぽんを無駄なく使い切る技。ミツカン社員の方が教えてくれました。

この差って何ですか?製造メーカーがアドバイス 差がつくワンポイントテクニック、2016年5月1日放送にて紹介。



Sponsored Links



ミツカンの社員の方によると、味ぽんは加熱する料理にすごい相性が良いとのこと。火を通すとものすごく美味しくなるそうです。

ミツカン社員がオススメする加熱料理は「味ぽんで煮る角煮」。

作り方は以下の通り。

  1. 下茹でした豚バラ、ゆでたまご、生姜を鍋に入れ、水、みりんを加える。
  2. 普通は醤油を入れるが、ここには味ぽんを入れる。
  3. 落し蓋をし、中火で30分間加熱する。

これで味ぽん角煮の完成。味ぽんの酸味がきき、深い複雑な味となるとのこと。

味ぽんの意外な使い方として「ミニトマトのピクルス」作りに使う方法が紹介されました。ピクルスにはお酢、砂糖、塩、白ワインなど様々な調味料を入れるが、味ぽんに蜂蜜でピクルスが簡単に作ることができるそうです。作り方は以下の通り。

  1. ミニトマトのヘタを取る
  2. 楊枝で数箇所穴をあける
  3. このミニトマトを1時間漬ける

ミニトマトの他にもいろんな野菜に使えるとのことです。お試しあれ。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.