リプトンが教えるティーバッグでアイスティーを美味しく淹れるテクニック この差って何ですか? 2016/5/1

リプトンシニアインストラクターが教えるティーバッグでアイスティーを美味しく淹れるテクニック。

この差って何ですか?製造メーカーがアドバイス 差がつくワンポイントテクニック、2016年5月1日放送にて紹介。



Sponsored Links



リプトンシニアインストラクターの井原さんによると、美味しく紅茶を淹れるときはミネラルウォーターよりも水道水の方がオススメとのこと。

ミネラルウォーターは、マグネシウムなどのミネラル分が多いため、紅茶の色と味が悪くなるそうです。

水道水は空気がたくさんはいるため、お湯を入れるときに茶葉が上にいったり下にいったりする「ジャンピング」現象が起こりやすいのだとか。

リプトンシニアインストラクターの井原さんによる美味しいアイスティーの淹れ方は以下の通り。

  1. グラスの半分くらいお湯を入れる(濃い目にするため)
  2. 静かにティーバッグを入れる
  3. 蓋をして約1分蒸らす(ティーバッグは振らないこと)
  4. 別のグラスに氷をぎっしり入れておく
  5. 1分後ティーバッグを取り出したら、氷に紅茶を注ぎ急冷する

氷が融ければ理想的な分量となり、透明感のあるアイスティーとなるそうです。

コツとしては氷に注ぐので濃い目の紅茶を淹れることと、ティーバッグを振らないこと。

ティーバッグを振るとお湯が冷えるのでNG。紅茶の成分は熱湯によって良く抽出されるので、蓋をしてじっくりと蒸らすのがポイントだそうです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.