意外と難しい温泉卵を誰でも失敗せずに簡単に作れる方法 得する人損する人 2016/5/19

意外と作るのが誰でも難しい温泉卵。でも誰でも失敗しない温泉卵の作り方があるとのこと。

卵

あのニュースで得する人損する人 2016年5月19日放送にて紹介。



Sponsored Links



温泉卵は約70℃の温泉に卵を浸けて作ります。70℃のお湯に15~20分浸けると白味も黄身もトロトロになるのだとか。でも家庭で70℃のお湯を保ちながら温泉卵を作るのは、湯加減が分からなかったりして大変。

しかし、三ツ星タマリエの資格を持つ卵のスペシャリストのタマミちゃん(友加里)によると、温泉卵を作るときには片栗粉を使うと簡単に作れるとのこと。

用意するのは

  • 生卵
  • 片栗粉
  • 鍋(直径約20センチ)

タマミちゃんが教える温泉卵の作り方は以下の通り。

  1. 卵が浸かるくらいの水1.5Lを、鍋でお湯を沸かす(沸騰)。
  2. 火を止める。
  3. 別容器で大さじ山盛り1杯の片栗粉と水お玉1杯分混ぜ、水溶き片栗粉を作る。
  4. この水溶き片栗粉をお湯に入れる。
  5. 常温の生卵(冷たいのはNG)を鍋に落とす。
  6. 蓋を閉め15分間待つ。
  7. 温泉卵の出来上がり!

片栗粉をお湯に混ぜるとお湯にとろみが出て、温度が下がりにくくなります。沸騰させて、火を止めて、水溶き片栗粉を入れると、いい具合に丁度70℃くらいの熱を保ち、美味しい温泉卵が出来上がるようです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.