もち麦 数ある穀物の中でも抜群の食物繊維含有量を誇る侵食材 世界一受けたい授業 2016/10/16

大麦の一種である「もち麦」。最大の特徴は、穀物のなかでも極めて食物繊維の量が多い新食材。

もち麦

世界一受けたい授業 栄養価がはるかに高い、知らないと損する新食材、2016年10月15日放送にて紹介の食材。



Sponsored Links



もち麦は今はスーパーでも手に入るとのこと。

食物繊維の量は、穀物の中でも多いといわれている玄米の4倍。白米:もち麦=1:1の割合で炊いたご飯は、一膳分でゴボウ約1本分の食物繊維が取れるほど。

もち麦の食物繊維は、便通をよくする効果があると言われており、水に溶ける水溶性の食物繊維が特に多いため、他の食材に比べても圧倒的に効果が高いとのこと。

水溶性の食物繊維は、大腸の中で便に水分を与え、便を柔らかくし、排便を促します。

世界一受けたい授業では、便秘で悩む女性タレントにもち麦を1日3食、1週間食べさせ、実験。見事便秘が解消されました。

腸内の環境は免疫器官を大きくコントロールするため、便秘が解消し、腸内の環境が整うと、免疫力がアップするとのこと。よって、インフルエンザや風邪をひきにくくなるそうです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.