食べた後のごろ寝で痩せる?ゴロ寝ダイエット 初耳学 2016/7/31

食べた後寝ると牛になるとありますが、なんと食後にごろ寝すると痩せるという、ごろ寝ダイエットが紹介されました。

睡眠

今までの常識とは逆説のダイエット方法は、林先生が驚く初耳学!2016年7月31日放送にて紹介。



Sponsored Links



食後に正しく寝れば痩せやすい身体になり、ダイエット効果が得られるのだそうです。

食後のごろ寝は肝臓の働きを活性化します。

肝臓の血流の流れを良くすると身体の基礎代謝率が向上。基礎代謝向上によってエネルギーが使われ、痩せやすくなるという仕組み。

人間の身体の中で基礎代謝が多いのが肝臓。人体全体の27%を使っているとのこと。

食後は胃や腸から肝臓へ流れて血流量が増加します。肝臓にエネルギーが蓄積された状態でなので、ごろ寝で肝臓を活性化させればエネルギーも効率よく消費されます。

ごろ寝のコツとして、以下の3つのポイントを押さえておけばOK。

  1. 肝臓が下になるように体の右側を下にして寝る。
  2. 頭と足をおよそ30センチ上げた体勢にし(クッションなどを使って)、重力によって血流の流れを肝臓に集中させる。
  3. ごろ寝は15分から30分程度で終える。ごろ寝が長すぎると逆効果に。長時間のごろ寝は肝臓が休息状態となり、エネルギーが消費されず、脂肪として蓄積される。

ご飯を食べたら、ちょっとごろ寝して休憩。これが良いみたいですね。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.