体が冷えるか温まるかは飲み物の温度は関係なし 初耳学 2016/8/28

暑い日はアイスコーヒーを、体を温めたいときはホットコーヒーを飲んでしまいがちですが、実は、体が冷えるか温まるかは飲み物の温度は関係ないとのこと。

コーヒー

林先生が驚く初耳学!2016年8月28日放送にて紹介。



Sponsored Links



ホットだから身体を温めるとかアイスだから身体を冷やすとかいう考え方は、間違いなのだとか。

コーヒーに含まれるカフェインは、血管を拡張する作用があるため、拡張された血管からどんどん放熱され、最終的には温度が下がるとのこと。

身体を温めたいならば紅茶。ホットでもアイスでもOK。紅茶に含まれるポリフェノールの一種であるテアフラビンは、血流を向上。コーヒーのカフェインに比べて血管は広がらず血流は良くなるので熱は逃げないため、身体は温まるそうです。

食べ物にも身体を冷やす物、温める物があり、そばは温かいそばも冷たいそばも関係なく身体を冷やす成分を含んでいるとのこと。その成分はカリウム。カリウムの利尿作用によって熱が放出され身体を冷やすそうです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.