最も美味しく食べられる缶詰の旬とは? 初耳学 2016/8/28

缶詰には美味しく食べられる旬があるとのこと。

林先生が驚く初耳学!2016年8月28日放送にて紹介。



Sponsored Links



3種類の缶詰の旬の時期

初耳学では、以下の3種類の缶詰について美味しく食べられる旬の時期を紹介。

  • フルーツの缶詰
  • コンビーフの缶詰
  • スイートコーンの缶詰

みかんの缶詰の旬は出荷直後

みかんの缶詰は、出荷直後が美味しい旬。長い間保管しているとシロップの甘みがみかんに移り、新鮮さが味わえないとのこと。更に、柑橘系の缶詰の内側には錫が塗られているため、長期間の保存によって金属臭がすることもあるそうです。

コンビーフの缶詰の旬は3ヵ月後

塩味が肉に馴染むのには時間がかかるそうです。

コンビーフは缶に入れる直前に牛肉と調味料を混ぜ合わせ、料理をしてから缶詰に詰めるため、缶の中でしっかりと味が馴染むのに3ヶ月はかかるとのこと。よって3ヵ月後が最も美味しい状態と言われているのだとか。

スイートコーンの缶詰の旬は1年後

スイートコーンは食塩水のようなお汁に漬かっており、スイカに塩をかけると甘くなるのと同じ原理で、塩気がコーンに染みこむほど甘みが増すのだとか。

その塩味が効果の出る最も美味しい旬の時期は、製造から1年後とのことです。

他の缶詰

他の缶詰の旬については、サバ缶、もも缶は半年後、ツネ缶、オイルサーディンは1年後とのこと。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.