紙のプロが教えるシワシワのお札をピン札に復活するプロ技 2015/12/13

シワシワのお札をピン札に復活させるプロ技。

この差って何ですか?2015年12月13日放送にて紹介。



Sponsored Links



紙のプロ、筑波大学の江前教授のよると、大根おろしを使うことでシワシワのお札をパリッとピン札できるとのこと。

シワシワのお札をピン札に復活する方法は以下の通り。

  1. 大根おろしをキッチンペーパーにとり、包む。
  2. 搾ったしぼり汁でお札の両面を丁寧に濡らす。
  3. シワの部分を低温で丁寧に伸ばしていく(100℃)。

これでお札のシワがなくなります。

お札の印刷用紙には強度を増すため、デンプンが塗られています。シワの部分に大根のしぼり汁を濡らすと大根に含まれる消化酵素と水分によってデンプンが柔らかくなります。

そしてアイロンで熱をかけると、水分が蒸発し、デンプンが変化して固くなり、パリッとしたピン札のようになります。

もちろん、1,000円札でも5,000円札でも10,000円札でもOK。

ただし、お札のホログラム部分は、熱に弱いため、熱を加えないように、アイロンをかけることが必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください