スーパーのラップをそのままにしておくと食材の鮮度が落ちるので取り替えるべき 初耳学 2016/10/16

スーパーで買ってきた食材。ラップをそのままにして冷蔵庫で保管する人は多いと思いますが、スーパーのラップは速やかに取り替えるべきとのことです。

サランラップ

林先生が驚く初耳学! 2016年10月16日放送にて紹介。



Sponsored Links



スーパーの食材などにつけているラップは、家庭用のラップとは素材が違うそうです。

スーパーのラップは、はがれにくく、肉汁などを漏らせないように、伸縮性と密着性を重視。このため素材にポリ塩化ビニルを採用したラップ。

ポリ塩化ビニルの欠点としては、酸素や湿気、臭いなどを通しやすいこと。よって食材の保存には適さないのだとか。

家庭用のラップは、ポリ塩化ビニリデン製。ポリ塩化ビニリデンは原始の密度が高い。このため優れた保存性があります。

スーパーのラップと比べると、100分の1しか酸素を通さないのだそうです。

よって食材を冷蔵庫で保管する場合、家庭用ラップに取り替えるのが正解。

見た目は同じように見えますが、特徴が違うんですね。

食材の鮮度を落とさないためにも、ラップを取り替える手間を惜しんではいけませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です