スマートフォンで太らないように撮影する方法とは? 初耳学 2016/10/16

最近のスマホは、端っこの人が横に伸びて太って見えることがあります。実は、スマホで太らないように撮影できる裏技があるとのことです。

スマートフォン

林先生が驚く初耳学! 2016年10月16日放送にて紹介。



Sponsored Links



端っこの人が太って見えるのは、最新のスマートフォンやデジカメで起こる現象。

レンズに広角レンズを使用しており、普通の人の目が見える範囲よりも広い範囲が写るのだそうです。

広角レンズはより広い範囲が写るので便利なのですが、近くを撮影すると外側が伸びるため、端っこの人物が20%ほど太って見えてしまうのだとか。

そんな広角レンズを搭載したスマホで、太らないように撮影できる裏技とは以下の通り。

  1. 人物とカメラの距離を離す
  2. ズーム機能を使って撮影

これだけ。人物とカメラの距離がポイント。人物から離れてズーム機能を使うと、広角レンズの歪みをカットすることが可能。

画面の中心から60%の枠内に人物を入れるのがコツ。

スマホの場合はズーム機能によって多少画質が荒れるため、画質の補正アプリで修正すると美しい仕上がりにできるそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です