スポンサーリンク

うっかりスマホ料金を延滞するのは危険!将来家が買えない可能性あり 初耳学 2016/10/16

スマホ料金を、うっかりと延滞している人はいないでしょうか?うっかりスマホ料金を延滞するのは非常に危険で、将来、ローンが組めずに家を買えない事態になる可能性があります。

スマートフォン

林先生が驚く初耳学! 2016年10月16日放送にて紹介。



Sponsored Links



スマートフォンの端末は、高価ですが、実際はほぼ0円で、2年使ったら本体のお金は無料となる契約。

ここが肝で、使用料金と合わせて2年間のローンを組んでいると同じ契約。2年間解約ができない条件が付きます。

このため、使用者が携帯電話料金を滞納すると、携帯会社から信用情報会社に滞納の情報が流れ、使用者の名前がブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、住宅ローンの申請をするときに、何年か前に「ローンを返してないことがある」との情報が伝わり、ローンが組めないことがあるのだそうです。

ここは、電気料金やガス代を延滞して止まったというのと違うところ。

3ヶ月携帯料金を延滞すると、後で支払いを済ませても5年間はブラックリストから名前が消えないと言われているのだとか。

過去に携帯料金の延滞の経験があり、近々、住宅ローンを組もうと思っていて不安な人は、信用会社のHPで確認できるので、確認してみては。