スポンサーリンク

おにぎりを包むものはラップ?アルミ箔? 初耳学 2018/9/16

おにぎり

自宅で作ったおにぎりを包む時は、ラップ派でしょうか?アルミ箔派でしょうか?

ラップ派が多いように思いますが、実はアルミ箔で包むのが良いそうです。

林先生が驚く初耳学!初耳ピーポー、2018年9月16日放送にて紹介されました。



Sponsored Links



ラップは通気性が悪い素材です。なので、出来立てのおにぎりをラップでしっかりと包むと、おにぎりの蒸気が冷えて水滴となりご飯に戻るので、おにぎりがべちゃべちゃになります。

アルミ箔の場合は、適度に隙間が空いているので水蒸気は外に出て行ってしまうため、いい状態のおにぎりをキープしてくれるのだそうです。

おにぎりを包む時は、アルミ箔を使いましょう。

ホントは、おにぎりを包むならば、ラップよりも、アルミ箔よりも、昔から使っている天然の竹皮がいいんですけどね。

天然竹皮だと、蒸れないし、ご飯粒がくっつきにくいし、抗菌作用もある。おにぎりを包むには理想の材質です。

そんな天然ものの竹皮なんてどこに売ってんの?と思って探してみたら、Amazonや楽天に売ってました。恐るべしネット通販・・・。

おにぎりの関連記事】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする