スポンサーリンク

10秒ダッシュすると空腹感が減り間食予防になる 初耳学 2018/9/23

太る原因のひとつの間食。間食を防げば、ダイエットにつながるはず。

ライフスタイルモデルの栗原ジャスティーンさんによると、10秒ダッシュによって空腹感が減り、間食予防ができるとのこと。

林先生が驚く初耳学!2018年9月23日放送にて紹介されました。



Sponsored Links



その場で約20回ダッシュ!

10秒ダッシュは簡単。外で走る必要はなし。その場で20回ほどダッシュするだけ。

空腹のガンバレルーヤが挑戦してみると・・・。

10秒ダッシュで空腹感がなくなったとのこと。

ダッシュするとお腹が減りそうですが、なぜでしょう?

10秒ダッシュで空腹感がなくなる秘密

よこはまメディカルクリニックの土田隆院長によると、10秒ダッシュにより、体に貯蔵していた糖分が血液へ排出され、空腹感がなくなるのだとか。

空腹とは栄養状態下がっている状態で、特に糖分が不足しています。すると脳が栄養を摂取せよと命令し、空腹を感じる仕組み。

10秒ダッシュをすると、筋肉活動によって血液中の糖分が減少。緊急時にと体に貯蔵していた糖分を血液に排出。すると血液中の糖分が上がるので、脳センサーが糖分が上がってきたと勘違いするため、空腹感がなくなっていくのだそうです。

まとめ

10秒ダッシュによって空腹感を抑え、日々の間食を防ぐことで、1ヶ月に3.7キロのダイエットに成功したケースもあるとのこと。

他人に見られると若干恥ずかしいですが、間食がやめられずに太り気味の方は、10秒ダッシュを試してみては。

ダイエットの関連記事】