スポンサーリンク

不用品をネットオークションで出来るだけ高値で売る方法 この差って何ですか? 2016/3/20

今、家の不用品が思いもよらない高値で売れることがあるということで、主婦の間でネットオークションが話題となっているとのこと。

100円で学べ!ヤフオク! [Kindle版]

この差って何ですか?2016年3月20日放送で紹介。



Sponsored Links



ネットオークションで高値で落札される人のテクニックとは?

この差って何ですか?の番組情報によると、使いかけの化粧品が2000円、ただ同然のブランド物の紙袋が1000円、壊れたデジカメが3000円で売れることもあるそうです。

ネットオークションとは、売りたい物をネットの専用サイトに出品し、出品された物を欲しい人達が購入希望の金額を提示し、最終的に最も高値を提示した人が落札できるというネット上のサービス。

しかし、このネットオークション、初心者とネットオークションの達人では、稼げる金額に大きな差があるようです。

番組でCOACHのトートバッグの中古品を2つ用意し(同じくらいの傷と汚れ)、ネットオークション歴11年で月に30万円も売り上げたこともある達人の川崎さんと、オークション初心者のニッチェの江上さんとでその金額がどれくらいの差になるかをヤフオク!で実験。

これが大きな差となりました。

初心者ニッチェの江上さんは落札額4200円に対して、川崎さんは、なんと、17500円!!4倍以上もの差がつきました。

ネットオークションで高値で落札される人のテクニックその1、買ってくれる人の気持ちになって考える

川崎さんと江上さんには、買ってくれる人の気遣いに大きな差がありました。

ヤフオク!では1つの出品につき写真を3枚載せれます。

江上さんの場合、1枚目のバッグの全体を撮影するときには、バッグを床に置いて蛍光灯の下で撮影。

川崎さんの場合は、まずバッグにバスタオルを詰めて膨らませてから、ドアノブにかけ、自然光で撮影。

まず、バッグを膨らませることで使った感じが出て、ドアノブにかけることでバッグを持ったイメージが出来るとのこと。また、蛍光灯の光で撮影すると全体が白っぽくなるため商品の写真としては良くなく、自然光で撮影すると商品本来の色が出せるのだとか。

更に、写真撮影は、午後は光がオレンジっぽくなって商品が暗くなるので、午前中のみにしか撮影しないとのことです。

後、2枚ですが、江上さんは、ブランドのロゴマークとバッグの中を撮影。対して川崎さんは、バッグの汚れと傷を撮影して公開。

汚れを隠してしまうと商品を送った後にクレームが来ることがあるそうです。また、傷や汚れは正直に説明した方が、落札者に安心感を与えるので逆に買ってくれるとのこと。

ネットオークションで高値で落札される人のテクニックその2、出品した商品を多くの人に見てもらうための工夫

ヤフオク!で商品を出品する際には、タイトルを30文字以内で入力します。このタイトルにもネットオークションの達人のテクがありました。

江上さんのタイトルは、“激安!!大人気「COACH」のトート!中古とは思えない美しさ!」。

中古品だけど綺麗だというのをアピールしたタイトルとのこと。

対して川崎さん「美品!コーチのシグネチャートートバッグ☆COACH☆F36375☆入学」。

タイトルにある単語は、検索キーワードになっていて、たくさんの単語を詰め込んだ方が、検索に引っかかりやすいとのこと。

そこで川崎さんのタイトルのポイントは3つ。

まず「入学」というキーワード。季節や行事ごとに商品を探している人は多いそうで、この時期、トートバッグを出品するのなら、「入学」という行事の単語を入れるとアクセス数が増えるのだとか。

他の例としては、青いビニールシートなら「お花見」、黒いパンプスの場合は「就活用」といった単語を入れると検索が良くされるそうです。

次に「美品」。「美品」とは中古品でも綺麗なものを表す単語で、中古と書くより美品の方が、まだ使えるって感じのイメージが強く、ネットオークションの利用者は、頻繁に「美品」で検索しているそうです。

最後に「F36375」。これはCOACHのトートバッグの品番で、このバッグの欲しい人が品番で検索をかけてくるので、落札される可能性が高いとのこと。また、商品名を具体的に書いたり、ブランド名を英語とカタカナの両方で書いたりするテクニックもあるそうです。

この結果、アクセス数は、江上さんが351回に対して川崎さんは466回と100回以上の差があったとのことです。

ネットオークションもいろんなテクニックがあるんですね。知っているか知らないかでえらい違いになりますね。

ヤフオク!