スポンサーリンク

動物園年間入場者数ランキング 1位は上野動物園で最下位は大町山岳博物館 最高の最下位 2019/6/14

日本動物園水族館協会に加盟している動物園は前項89箇所。「日本動物園水族館年俸」で全国の動物園の入場者数ランキングがわかります。

キリン

最高の最下位 2019年6月14日放送で日本の動物園の入場者ランキング(2017年度)を紹介。



Sponsored Links



動物園年間入場者数ランキング4位~10位

2017年度動物園年間入場者数ランキング4位から10位は以下の通り。

  • 10位 京都市動物園
  • 9位 多摩動物園
  • 8位 王子動物園
  • 7位 アドベンチャーワールド
  • 6位 よこはま動物園ズーラシア
  • 5位 東武動物公園
  • 4位 旭山動物園

錚々たる動物園が並んでますね。旭山動物園はまだ上だと思いましたが、4位だったんですね。北海道の旭山という位置関係を考えると凄いですが。

動物園年間入場者数ランキング1位~3位

動物園年間入場者数ランキングTOP3入りしたのは、やっぱりあの動物園たち。

3位 天王寺動物園

大阪の天王寺動物園が3位。2017年に173万6686人が来園。

本物の自然の中にいるかのような展示が特徴の動物園。動物たちのダイナミックな動きが見れると人気。

2位 東山動植物園

名古屋の東山動植物園が第2位。2017年に260万684人が来園。

飼育されている動物は国内最多の500種類を誇る動物園。あの超有名なイケメンゴリラのシャバーニは東山動植物園所属。

シャバーニは一度、生で見たい。

1位 上野動物園

やっぱり第1位は東京の上野動物園でした。2017年は450万414人が来園。

飼育数は350種類。1番人気はやっぱり2年前に誕生したパンダのシャンシャン。今も行列に並ばないと見ることができないらしい。

ランキング最下位は大町山岳博物館

逆にランキング最下位は?89位の長野にある「大町山岳博物館」。2017年は1万8692人が来園。博物館が運営する動物園。

大きな動物園では1日かけて園内を周りますが、この「大町山岳博物館」では10分でOK!お手軽な動物園です。

飼育している動物は、鳥類6種類、哺乳類3種類、全部で17匹。

どちらかというと博物館に力を入れている感じ。

ただしこの「大町山岳博物館」は、47年前の日中国交正常化の証として中国から中国のシンボルの動物であるジャイアントパンダのランラン、カンカンが贈られたとき、お返しにとニホンカモシカを贈った動物園。

ニホンカモシカは日本固有のど動物。当時はニホンカモシカを展示している動物園が少なく、選ばれたのが「大町山岳博物館」のニホンカモシカ。実は繁殖が難しいニホンカモシカを成功させたのがこの「大町山岳博物館」。

中国からしたらジャイアントパンダクラスの動物を贈ってくれた動物園となります。

そう考えると凄い動物園ですね!

まとめ

トップ3の動物園の中で行ってないのは東山動植物園のみ。一度行ってみたいです。シャバーニにも合ってみたい。

動物園・水族館の関連記事】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする