スポンサーリンク

ペットホテルオーナーは犬を見れば飼い主の裏の顔がわかる 雨上がりのAさんの話 2016/2/9

ペットホテルオーナーによると、飼われている犬を見ると飼い主の裏の顔がわかるとのこと。

チワワ

雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きました!の2016年2月9日放送で紹介。



Sponsored Links



ペットホテルオーナーが教える犬を見て分かる飼い主の裏の顔

飼われている犬を見てその飼い主の裏の顔がわかると豪語していたのは、ペットホテルを経営するペットホテルワンズドッグのオーナー小松隆樹さん。

妻が浮気をしている夫婦の場合

夫婦がチワワと散歩しているシーン。チワワが通りすがりのスーツ姿の男性の足の臭いを嗅いでいる。こんな時は、夫婦の妻が浮気している可能性があるらしい。

チワワは怖がりで警戒心が強い犬種。チワワの家族の序列は、1位が餌をくれる母親、2位は散歩してくれる子供、3位が自分(チワワ)で、外で仕事をしている父親はあまり合わないので圏外になりやすいとのこと。

チワワが知らない男性に近付いているということは、スーツ姿の男性に可愛がってもらった記憶があるということで、旦那がいない間にスーツ姿の男性を家に招いて浮気しているかもしれないとのことでした。

小松さんの経験によると、やたらとスーツ姿の男性になつくチワワの飼い主の女性が、あるとき離婚してしまったそうです。実は保険外交員を家に連れ込んでいたのだとか。

詐欺キャバ嬢のケース

キャバ嬢がペットショップと癒着して、男性に犬を買わせ、それをペットショップに預け、また別の男性に買わせるということを何回も繰り返すという詐欺まがいの行為が実際にあるようです。

男性がペットショップでキャバ嬢に犬を買ってやって、キャバ嬢が持った犬のリードが緩んでいたら要注意。キャバ嬢に懐いているという証拠で、飼い主である可能性があるとのことです。

帰るとウ~ッと唸るヨークシャテリア

雨上がりの宮迫さんが家で買っているヨークシャテリアは、宮迫さんが帰宅すると全部の歯を剥き出しにして「ウ~ッ」と唸るそうです。これは隠し事しているサインかも。

ヨークシャテリアは狩りのときに使う犬種で、細かいことによく気づき、臭いも敏感。なのでちょっとした変化に反応するのだとか。

犬の行動が全て結びつくとは限りませんが、ヒントにはなるかも。