安くて高品質な家電を買いたいならばジェネリック家電がオススメ! Aさんの話 2016/7/12

国内中堅の家電メーカーが作るジェネリック家電が今熱い!コスパ最強とのこと。

ツインバード 空気清浄機

雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きました 2016年7月12日放送で紹介。



Sponsored Links



リーマンショックで早期退職した大手家電メーカーOBが中堅家電メーカーで活躍!

リーマンショックで早期退職した大手家電メーカーの有能なOBを、中堅の家電メーカーがたくさん採用しており、実は中堅家電メーカーが作るジェネリック家電は高品質な背景があるようです。

ジェネリック家電はだいたい1/3から1/4ほど安い

空気清浄機の場合、某大手メーカーの空気清浄機は23,000円。ツインバードなら5,500円!ドライヤーの場合、某大手メーカーは15,000円でテスコムは3,000円。ロボット掃除機では某大手メーカーのは40,000円でCCPは13,000円。大体1/3~1/4で提供しているとのこと。

ジェネリック家電が安い理由

ジェネリック家電は大手メーカーの1世代前の技術を活用しています。新しい技術ではないとうことですね。2、3年前の技術であればまったく問題なし。ここに大手メーカーOBの技術が絡んでいます。

また宣伝や広告にかかる費用を節約しているため、大手メーカーより安い値段で家電を販売できるということ。

ジェネリック家電は高品質で安いのでコスパは最強とのことです。

ジェネリック家電のまとめ

中堅メーカーの家電は安いので品質が劣るイメージがあるようですが、まったくそんなことはないようです。品質に関しては大手に全く劣っていません。

必要最低限の機能があれば問題ない人は、ジェネリック家電を購入するのが狙い目。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.