スポンサーリンク

中古マンションを購入後、前の住人が管理費などを未払いでトラブルに巻き込まれるケースも ホンマでっか!?TV 2014/2/19

中古マンションを購入する際には、前住んでいた住人が管理費や修繕積立金を滞納していることがあるので要注意です。

ホンマでっか!?TV 2014年2月19日放送で紹介されました。

不動産屋評論家の阿部悠一先生によると、中古マンションを買って前の住人の管理費などが未納であったため、購入した人が未納の管理費などを払うハメになるケースがあるとのことです。

ありがちなケースは、不動産会社の説明をよく聞かずに、買ってしまった後に管理費・修繕積立金が未納であることに気づいてしまうケース。

危険なケースは、不動産会社を通さずに知り合いから中古マンションを安く購入したと思ったら、滞納の管理費・修繕積立金がかなりの金額だったというケース。

この未払いの管理費や修繕積立金は、法律上払わないといけない人は現居住者。後で、前の住人に請求はできるものの、個人取立てになるので、まず前の住人に払ってもらうことは不可能でしょう。

中古物件を購入する前にはいろいろと調べてみないとヤバイですね。