スポンサーリンク

炭酸飲料の吹きこぼれを防止するプロ技 この差って何ですか? 2016/1/17

コーラとかサイダーとか、炭酸飲料の吹きこぼれは面倒。そんな炭酸飲料の吹きこぼれを防止するプロ技。

この差って何ですか?2016年1月17日放送にて紹介。

炭酸飲料の吹きこぼれを防ぐ方法を教えてくれたのは、炭酸飲料評論家の清水さん。

やり方はちょっと不思議な方法。

まずペットボトルを首と肩で挟んで喉にくっつけます。

30秒ほど鼻歌を歌います。

おすすめの曲は「千の風になって」。

これで炭酸飲料が吹き出しません。

なぜ吹きこぼれないのか?

炭酸飲料の中には炭酸が溶け込んでいて、大きく振るとガスが泡となり、フタを開けると泡が周りにある液体を押し上げ噴出します。

泡は微弱な振動を与えると消える性質があります。鼻歌によって喉の微弱振動を炭酸飲料に与えるため、泡が消えるという仕組み。

缶ジュースの場合は、缶を回しながら30秒間やさしく側面を指ではじくと吹きこぼれないそうです。