スポンサーリンク

一般プレーヤーが一日で出来たテニスの股抜きショットのコツ 探偵ナイトスクープ2013/11/8

探偵ナイトスクープ2013年11月8日放送でテニスのスーパーショット、股抜きショットのコツが紹介されました。

テニスコーチ指導の下、テニス一般プレーヤーが1日で股抜きショットが成功!驚きました!!



Sponsored Links




テニスの股抜きショットとは、テニスのプレー中、前に出たとき、ロブで返され、ボールが自分の頭を越えた後、ボールに追いつき、後ろ向きで股の間から打ち返すというスーパーショットのことです。

探偵ナイトスクープでは、股抜きショットの例として、2009年の全米オープン準決勝のロジャー・フェデラー vs ノバク・ジョコビッチ戦が紹介されました。

そういえば、錦織圭選手もやってましたね。

こんなスーパーショットでできれば夢のようです。

駒田政史監督が教えてくれた股抜きショットの方法

教えてくれたのは駒田政史監督(日本テニス協会ナショナルコーチ ジュニアフェドカップ女子日本代表監督)。

腕の動かし方

スナップを使いラケットのヘッドが追い抜く感じで振る。水銀の体温計で温度を戻すときに振る動かし方に近い。

面は上向きにならないとボールは上に上がらないので、インパクトの面の向きには要注意。

グリップはコンチネンタルグリップがやりやすそうです。

ボールを捉えるタイミング

ボールは高いところで捉えるのではなく、地面ギリギリで捉えるのが理想的。

ボールの位置は、自分の前ではなく、追い抜くくらいの位置(股の下)。

練習では、紙コップにテニスボールをのせて練習されてました。

片足を上げると打ちやすい

(右利きの場合)走ってきて右足を地面につき、左足が浮いているときにインパクト。

身長が低い場合、両足の間のスペースが狭くなるので、片足がやりやすいようです。

股抜きショットは走ってきてボールを捉えるところが最も難関です。

振り向くと打ちやすい

股抜きショットは見えない背中側に打つので、ここも難しいところです。

片足を上げて顔を振り向いて打つと打ちやすくなるとのことです。

股抜きショットの練習方法

まず、紙コップを地面に置いて、紙コップにテニスボールを置き、股の間から打てるように練習します。

この紙コップ練習方法で、腕の振り方とインパクトの位置を覚えます。

次に、横から低めに球出ししてもらって、股抜きショットの練習をします。できたら、やや後ろ斜めから。

最後に、ロブを上げてもらって、股の間から打てれば股抜きショットの完成です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする