スポンサーリンク

古武術では指を動かしながら走ると疲れにくいらしい ZIP!  2014/9/8

走るときに、指を動かしながら走ると疲れにくいとのこと。

 

ジョギング

 

ZIP! 2014年9月8日放送、「簡単に出来るチョイ足し」で紹介されました。

 

身体技術研究家・甲野陽紀先生が、走っても疲れにくい方法、「指先活用術」を紹介してくれました。

 

これは古武術の技らしいです。

 

両手の指を自然に開いて、うにょうにょと少し指を動かすだけで、疲れが抑えることができるのだとか。

 

確かにZIP!の番組内での実験では、指を動かさずに走るのと動かして走るのでは、指を動かして走る方が息切れが楽のようでした。

 

科学的にどうなのかよくわかりませんでしたが、甲野陽紀先生によると、指先を動かすことで全身を使って走れているからなのだそうです。

 

古武術って奥が深いですね。

 

今度、試してみようと思います。

 

子供に、マラソンのときに試してみたらと言ったら、なんか恥ずかしい・・・とのことで却下されましたが・・・。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました