スポンサーリンク

マスクで眼鏡が曇るのを防ぐ3つの方法 大阪ほんわかテレビ 2020/9/25

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう日常でマスクをするのが当たり前となっています。

 

でも眼鏡をしている人は、マスクで眼鏡が曇ってしまい困っているのではないでしょうか?

 

マスク

 

大阪ほんわかテレビ 2020年9月25日放送、暮らしの裏技・インターネットの裏技大検証では、マスクで眼鏡が曇るのを防止する方法を紹介。

 

ネット検索で挙がった3つの曇らない方法

インターネットの検索の結果、挙がってきた眼鏡が曇らない方法は3つ。

 

  • ティッシュペーパーをマスクに挟む
  • マスクの上部を内側に折る
  • マスクの上部を外側に折る

 

この3つの内、どの方法が眼鏡が曇りにくいか番組内で検証。

 

まったく曇らなかったのはマスクの上部を外側に折る方法

まずティッシュペーパーをマスクに挟む方法。ティッシュを折って鼻の部分に添えます。

 

眼鏡をかけてルームランナーで走って検証してみると、眼鏡が少し曇りましたが視界は良いとのこと。

 

ただし、ティッシュがあるのでかなり息がしにくいのだとか。

 

次にマスクの上部を内側に折る方法。マスクの上から約1センチを内側に折ります。

 

ルームランナーで走ってみると、見えてはいるけど周りが眼鏡の周りが曇っている感じ。

 

最後はマスクの上部を外側に折る方法。マスクの上から約1センチ外側に折ります。

 

ルームランナーで走ってみると、眼鏡はまったく曇りませんでした。

 

ということで、マスクの上部を外側に折る方法が眼鏡が曇らない方法でした。

 

マスクをすると眼鏡が曇る理由

マスクをすると眼鏡が曇る理由は、自分の息がマスクの上部に漏れて眼鏡に当たるため。メガネに息を吹きかけることと同じ。

 

紹介された3つの方法はどれも鼻の部分から空気が漏れないようにしています。

 

その中でもマスクの上部を外側に折る方法は、紐が上からしっかりと押さえることができるため、息が漏れにくく、もっとも眼鏡の曇りを抑えることができるとのこと。

 

まとめ

マスクをしても眼鏡を曇らせない方法は、マスクの上部を外側に折るです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました