深夜の激しい運動は老化を早めて記憶力低下の可能性 ミになる図書館 2016/4/27

深夜に激しい運動をすると老化が早まり、記憶力が低下する可能性があるそうです。

月

中居正広のミになる図書館 2016年4月27日放送にて紹介。



Sponsored Links



バージニア大学の研究結果によると、深夜の激しい運動では筋肉を分解するホルモンのコルチゾールが通常の値の600%増加したという報告があるとのこと。

コルチゾールが大量に生成されると、副腎疲労を起こし、老化や記憶力低下を起こしてしまうのだとか。

傷ついた細胞を修復するのは、夜の寝ている時間が最も重要なので、深夜の激しい運動は控え、夜は睡眠に徹するのがよさそうです。


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.