セミの幼虫を捕獲して羽化を観察し夏休みの自由研究に 2016/7/20

夏に枝や葉っぱにくっついているセミの抜け殻を見て、神秘的なセミの羽化を観察してみたいなって思ったことないですか?でもなぜか外ではなかなかセミの羽化に出会うことができません。

セミの羽化

セミの幼虫を捕まえることができれば、自宅でセミの羽化を観察することが可能。子供の夏休みの自由研究にも使えそうですね。



Sponsored Links



羽化前のセミの幼虫を捕獲する方法は以下の通り。

  1. 公園などで、木や草の近くの比較的乾燥した地面にある1センチ前後の穴を探す。
  2. 綺麗な丸い穴は幼虫が出た後なので無視。いびつな形をした少し小さめの縦穴に羽化が間近なセミの幼虫がいる。
  3. この穴に水を注ぐ。
  4. 幼虫が焦って穴から這い出してくるので、これを捕獲。

捕まえたセミの幼虫は部屋のカーテンなどにつけておくと、夜に羽化します。羽化のピークは夜の7時から1時間だそうです。

カメラやスケッチを用意しおいて、羽化が始まったら観察開始。これで夏休みの自由研究はバッチリ!


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.