スポンサーリンク

スパスパ切れる 3000年分進化したハサミ フィットカットカーブ 教えてもらう前と後 2019/7/9

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3000年分進化したハサミという切れ味抜群の「フィットカットカーブ」。

 

フィットカットカーブ

 

教えてもらう前と後、2019年7月9日放送、日本の凄い文房具を教えてもらう前と後にて紹介。

 

「フィットカットカーブ」は普通のハサミとは切れ味がまったく違うハサミ。

 

3000年のハサミの歴史がある最終進化形と言われる所以は刃のカーブ。この独自のカーブによってこれまでのハサミと比べて3倍の切れ味を生み出しているのだとか。

 

ダンボール1枚であれば普通のハサミでも切れますが、2~3枚重ねるとちょっと厳しい。でもフィットカットカーブを使うと先端でも根元でもめちゃ切れます!

 

切れ味が抜群なのは計算された刃のカーブの角度。ハサミで最も切れる刃の角度は約30度。

 

これまでのハサミは刃を閉じて行くと角度が狭くなって切れなっていくという訳。

 

フィットカットカーブは刃のカーブによって常に30度をキープされるので切れ味が落ちないという仕組み。

 

フィットカットカーブはその切れ味により、ダンボール5枚でも銅版でも簡単に切れちゃいます。

 

大掃除とか引越しとかにも重宝しそう。

 

 

ハサミの関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました