スポンサーリンク

-10℃以下まで冷える!ロゴスの倍速凍結氷点下パックXL 大阪ほんわかテレビ 2020/8/7

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通の保冷剤とは冷却能力が違う!ロゴスの「倍速凍結氷点下パックXL」。

 

暑い夏の強い味方!

 

倍速凍結氷点下パックXL

 

大阪ほんわかテレビ、2020年8月7日放送、行かなきゃモッタイナイ!専門店のお宝便利アイテムにて紹介。

 

アウトドアの食材保存に開発された倍速凍結氷点下パックXL

ロゴスの「倍速凍結氷点下パックXL」は、温度が下がりやすく、低温の持続時間が長い特殊な素材を使用。

 

通常の保冷材では-3.5℃くらいの冷却能力ですが、「倍速凍結氷点下パックXL」では-10℃以下まで凍ります。

 

濡らしたハンカチをこの「倍速凍結氷点下パックXL」の上に乗せると、ハンカチがパリパリに凍ります。

 

一般的な保冷剤と「倍速凍結氷点下パックXL」をそれれぞれ入れて保冷持続時間を、大阪ほんわかテレビの番組内で比較実験。

 

クーラーボックスの中で、一般的な保冷剤でアイスクリームを挟んで溶けにくさを確認すると、3時間後には完全に溶けました。

 

しかし「倍速凍結氷点下パックXL」では、11時間後も溶けてない!

 

11時間も冷凍庫のように保つとのこと。

 

長時間の保冷能力があるので長距離移動で大活躍。食材の鮮度を保つことができます。

 

手のひらサイズの「倍速凍結氷点下パック コンパクト」も便利

「倍速凍結氷点下パック」には手のひらサイズの「倍速凍結氷点下パック コンパクト」もあり。

 

コンパクトサイズなので弁当用の保冷剤として使うのに非常に便利。

まとめ

一般的な保冷剤の保冷能力が物足りない方、「倍速凍結氷点下パック」を使ってみては。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました